« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

報告要旨 富田広樹(2021年8月20日)

2021年度夏季研究大会報告要旨( 2021 年 8 月 20 日 オンライン開催))

エレナ・ポニアトウスカ『レオノーラ』のインターテクスチュアルな戯れ
                                 富田 広樹

 

 2013年、スペイン語圏でおおきな功績を残した文学者を顕彰するセルバンテス賞に輝いたメキシコの作家エレナ・ポニアトウスカは、2011年にイギリス出身の画家、作家であるレオノーラ・キャリントンを題材とした小説『レオノーラ』を出版している(同年のビブリオテカ・ブレベ賞に選出)。本発表では、この作品のテクストが、題材となったレオノーラ・キャリントンの筆になるテクストとのあいだに持っている関係性に注目することで、ともすれば自明のものと目されがちなオーサーシップの微妙な揺らぎを考察した。

 ポニアトウスカとキャリントンは、メキシコを代表する芸術家、文化人ではあるが、いずれもその出自はメキシコにない。キャリントンは前述の通りイギリスの裕福な家庭に生まれ、フランス出身のポニアトウスカもまたポーランドのポニャトフスキ家やメキシコのアモル家につらなる上流階級の出身である。両者がともにヨーロッパに生を受け、複数の外国語に精通し、生まれと育ちから来る洗練された教養の持ち主であったことは、看過できない共通点といえよう。そして、このふたりの女性は50年代より親交をむすんだ。『レオノーラ』出版の2011年にキャリントンは物故するが、小説の出版は彼女の死に先立ってのことであった。

 ポニアトウスカ自身、作品によせた謝辞でキャリントンの複数の作品に言及し、作品を書きあげるにあたって、それらに含まれる自伝的要素を抽出し、小説に盛り込んだことをインタビュで口にしている。しかし、それは単純な「引用」のようなかたちではなく、キャリントンの実人生とのパラレルな関係を有する断片を再構築し、それによってイギリス人の生涯をより印象深いものに作り上げるための、精緻な語り直し(あるいは語り返し)となっている。本発表では、こうした特徴が顕著にあらわれているキャリントンの「ちいさなフランシス」(Little Francis)を例に取りながら、二人の作家のテクストの関係を明示した。あわせて、「ちいさなフランシス」以外のキャリントンの書き物とも同様の関係が成り立っていることを指摘した。
 質疑応答にあって、キャリントンのテクストからポニアトウスカのそれへの影響はわかったが、逆のケースはないのか、という質問をいただいた。答えるのに十分な知識を持ちあわせなかったため、満足のいく回答ができなかったが、両者の交流が数十年にもわたっていたことを考えれば、そのような可能性はじゅうぶんにありえるだろう。キャリントンが熱心に筆を執った時期はながくはないが、たとえば、ポニアトウスカのテクストとキャリントンの絵画作品というように、異なる表現手法において、そうしたものがあらわれることもあると思われる(ポニアトウスカの作品の挿画をキャリントンが手がけたことはある)。今後の課題としたい。

 なお、本発表の一部は2021年3月に開催されたオンライン講演会『文学帝国メキシコへの招待—–現代小説の名作を味わう』(主催 メキシコ大使館)での発言ならびに、拙稿「オーサーシップの漂流」(『北九州市立大学文学部紀要』第91号所収)と内容に重複する部分があることを申し添えておく。

 

| | コメント (0)

報告要旨 椎名浩(2021年8月20日)

2021年度夏季研究大会報告要旨(2021年8月20日 オンライン開催)

「長崎寄進状(1580年)」再考―スペイン語史料として

椎名 浩


はじめに
 長崎が南蛮貿易港として歩み始めて約10年を経た1580年、領主大村純忠・喜前(よしあき)父子によって長崎と茂木がイエズス会に寄進された出来事は、以前より様々な立場・角度から注目され、かつ議論を呼んできた。この際大村氏により作られた寄進状は、現在そのスペイン語訳のみが現存している(以下本報告では、特に断らない限りこのスペイン語文を「長崎寄進状」あるいは「寄進状」とよぶ)。
 スペイン史ないし日西関係史の立場から見れば、この長崎寄進状および同時期に日本巡察を行ったA.ヴァリニャーノの『日本諸事要録』は、ポルトガル語が多数を占める、この時期の日本記述の中でのスペイン語による例として興味深い。加えて、中・近世スペインの都市社会および都市・王権関係に関心を抱いてきた報告者は、これらのスペイン語史料に、当時の日本の地域社会、住民の空間的編成のあり方についての記事が見いだせることについても、興味をひかれるものがある。

I. 拙稿、2021年での考察
 1.拙稿「スペイン語史料を通じて見た開港初期長崎の社会をめぐる一考察―『日本諸事要録』と長崎寄進状を中心に」(『大村史談』72号、2021年3月刊。以下「拙稿」)では、上のような関心にしたがい、①寄進状をはじめ当時の長崎についてのヨーロッパ人(具体的にはスペイン世界の人)による記述を読むにあたっては、繫栄する南蛮貿易港について当然あるべき都市的機能への言及―いわばメタ概念としての「都市」長崎―と、住民の空間的編成の単位としての形容―「市ciudad」「町villa」「村pueblo, lugar, aldea」等―を区別すべきこと、②同様の観点から、従来研究(日本語訳)では長崎、茂木などの「地点」を指すものとフラットに解釈(訳)されてきた寄進状文中の’lugar(es)’についても、空間(集落あるいは共同体)のあり方を反映した語として再考すべきではないかと問題提起し、かつ寄進状その他の史料を検討した。

 2.その結果、①開港後約10年を経た長崎は、メタ的には「都市」と呼ぶにふさわしい特徴と機能を備えつつあったが、②法的・制度的には、いまだ領主支配の強い集落の域を出ていなかった。③これを人的側面から見れば、この時点で長崎住民の中に、地域社会に影響力を及ぼす特別な存在―いわば「都市寡頭層」―は形成されず、住民の階層分化はあまり進んでいなかったと解釈できる。④長崎住民にとって、イエズス会への寄進は第一義的には、自分たちの頭上での領主支配の移動であった。とはいえ、日本国外に本山を置く教団の支配下に入ったことは、こうした領主支配の構造にも影響を与え、長崎住民の「自治」にとっても重要な契機だったのではないか。との暫定的結論を得た。

II. 本報告での補論的考察 
1.Covarrubias, 1611の有効性
 拙稿では、近世スペイン語世界の(ここででは、空間や身分、官職等についての)価値観を知る補助資料として、18世紀に編纂されたDiccionario de Autoridades(以下DA)を参照したが、本報告では、DAより1世紀さかのぼり、したがって本報告で検討対象としている時代により近い1611年、セバスティアン・デ・コバルビアスが著した辞書( Tesoro de la lengua castellana o española )についても、該当語句の記述を検討した。それらは概ねDAより簡潔ではあるものの、基本的な内容は大きな違いはないとみられる。というより、DAの編者にとって、すでに古典の誉れ高いこの辞書は重要な典拠(’autoridad’)の一つだったのであり、彼らはその記述内容を尊重・踏襲しつつ、他の典拠や科学革命・啓蒙主義の成果も加えてより充実した記述とした、と見るべきだろう。またコバルビアスは全体として、語義説明に劣らず語源の考察を重視しており、とくにtierraなど、基本的で語義も自明と思える語句については、もっぱら語源の考察・解説に紙面を割く傾向がみられる。近世初期のスペイン語世界における社会概念をうかがう資料として、コバルビアスも有効ではあるが、DAを併用してその情報の不備不足を補うことで、その精度・有効性はより増すように思われる。

2.寄進状独訳、英訳の検討
 拙稿では準備不足から捨象した(というより、おのが浅学と非力から「逃げた」!)、J・F・シュッテによる寄進状の独訳(ヴァリニャーノの布教方針についての1951年の著作に掲載)は、早くも1954年の牧健二論文においていち早く参照され(同論文に掲載の寄進状和訳はこの独訳からの重訳)、わが国の寄進状研究にとって、いわば原点ともいうべき重要な存在である。さて拙稿で再検討した寄進状文中の語句のうち、lugar(es)は、この独訳ではOrt(e)の語があてられている。この単語はスペイン語のlugar同様、第一義的な意味(通常、辞書の①に掲載される)は「場所・地点」となり、牧訳他、諸邦訳にも影響を与えた可能性が大きい。だが、やや詳細な辞書をひもとくと、この語には「村落・町村」の意味も見いだされ、そうすると、その意味の「幅」はlugarがもつものに近いものがある。あるいは、シュッテはlugarにOrtの語をあてるにあたり、そうした「幅」あるいは「含み」を念頭に置いたのではないか(他の箇所ではlugaresをGebietと訳している)。また従来邦訳で同様に「土地」と訳されるtierrasにはLändereienの語をあてており、ここにも「領域、管区」の「含み」を持たせるようにも思える。
 1980年の寄進状英訳は、上記シュッテの著作の英訳に掲載されたものであり、そうした流れから言えば独訳からの重訳と言える。lugarなりOrtに第一義的に対応する英単語はplaceであるが、この英訳では寄進状文中のlugar(es)はplace(s)と“直訳”されず、localities、districtの語があてられている。ここでも、スペイン語・ドイツ語の持つ意味の「幅」「含み」が念頭におかれた可能性がある。
 以上、寄進状の独訳・英訳の検討により得た知見は、lugarの語を例にとれば、さきに拙稿でスペイン語文の再検討を通じて得られた「暫定的な結論」を補強するものであった。ただ、研究会当日の質疑応答にて、長崎寄進状と同時代の、中世~戦国期日本の寄進文書では、村落を含む空間とその住民・支配権が寄進の対象となる場合でも「所」「地」といった表現が用いられるのが通例であり、従来邦訳はそのことを念頭に置いたのではないか、とのご指摘を受けた。この双方の知見を統合しようと思えば、ある意味認識論・言語表象論の深みにはまる恐れもあり、率直に言って能力の限界も感じるが、今後の課題としたい。

3.誰が、どのように書いたのか?
 当時のイエズス会士の中でも随一のスペイン語の書き手であり、長崎寄進についての協議を主導したヴァリニャーノが、寄進状の書き手であることは間違いないが、彼に日本語学習歴はなく、(存在が推定される)和文寄進状と、現存するスペイン文の寄進状を、彼による「翻訳」で直結するのは無理があり、ロマンス語・日本語双方に通じた媒介者の存在が考えられる(状況から言うと、ヴァリニャーノの通訳を務めていたフロイスか)。
 その際、中間の訳が作成された(スペイン語文はそこからの「重訳」)と考えるより、大村氏から出されたと想定されている和文寄進状にほぼ準じる「素案」を協議する中で、言語能力を異にする複数の当事者(日本語ネイティブ、日本語に通暁したロマンス語ネイティブ、ヴァリニャーノ)の間のオーラルなやり取りから、直接スペイン語版寄進状が「作成された」と考えてはどうだろうか。
 以上はあくまで推測ではあるが、12世紀トレドでの翻訳活動は、古典古代文献のアラビア語訳をモサラベやユダヤ人がロマンス語で読み上げ、それをラテン語で書き留める形で進められ、江戸時代のオランダ風説書は、通詞とオランダ船員との共通言語(17世紀末まではポルトガル語、のちオランダ語)によるオーラルなやり取りが日本語による文字情報になされるなど、こうしたありかたは、前近代の多言語コミュニケーションの場で多々見受けられた現象ではある。

4.日本記述における空間形容の変遷―中・長期的展望
 『日本諸事要録』において、日本全体で'ciudad'と形容される地点は6か所見られるが(博多・府内・山口・堺・京・安土)、信長の退場とともに(彼は『要録』脱稿の時点で、すでに本能寺の変に倒れていた)の安土が落ち、かわって秀吉の台頭とともに大坂が、その後17世紀前半にかけて、徳川家の拠点江戸・駿府、伊達政宗の仙台が加わる(代表的にはビベロやビスカイノの記述)。
 下って17世紀後半、たとえばD.オルティス・デ・スニガの『セビーリャ年代記』では、同市出身で慶長遣欧使節の立役者L.ソテロが1624年大村で殉教した記事において、大村を「日本の都市’ciudad de Japón」と形容している。17世紀半ば以降の禁教・鎖国(1624年スペイン製来航禁止)の流れの中で、日本布教の展望はもとより日本の現地を訪れる機会もなくなり、半面日本全体の空間秩序を考察する必要からも解放されて、個々の日本記述の場面の中心的地点を、任意に’ciudad’と形容するようになったとも考えられる。こうした、地点形容のあり方の中・長期的な変化を考えるには、一定量の材料を検討する必要があり、その中で、たとえば今回取り上げた長崎についての形容がどう変化したかの定点観測も含め、今後の検討課題としたい。

 

 

| | コメント (0)

報告要旨 大場はるか(2021年8月20日)

2021年度夏季研究大会報告要旨(2021年8月20日 オンライン開催)
17世紀モラヴィアにおける大友宗麟の描写

                     大場はるか

 本報告は、17世紀以降欧州内陸部で広まった日本人描写の中でも大友宗麟の描写に焦点をあてたものである。 いわゆる「 キリシタンの時代 」に関しては、イベリア半島を中心とした欧州沿岸部と日本との直接的な 関係が重視され、内陸部に伝えられた日本情報が同地域で変容したプロセスに関しては、包括的な研究が行われていない。特にボヘミアや モラヴィアなど「 東欧 」に関しては、19世紀以降の政治的諸事象の影響もあり、日欧交流に関する歴史学研究がまだ十分に進められていない部分がある。

 この欧州内陸部では、宗派間の諍いが激しかったこともあり、九州を中心とした日本でキリスト教の布教が進んだあと、キリシタンが迫害され、その後江戸幕府がオランダ東インド会社との関係を深めたプロセスが、「日本がカトリックからプロテスタントへと「鞍替え」した」ように見えた可能性がある。このため、本報告は、日本と間接的な関係しか持たなかった欧州内陸部に伝えられた日本情報が、現地の諸事情に左右され変容したプロセスを辿り、世界布教と地域性に裏打ちされたイエズス会の手による「グローカルな日本人描写」が生産された過程の一端を、宗麟の描写を例に明らかにすることを試みている 。

 宗麟の描写は、17世紀後半にイエズス会の「上部ドイツ管区」でザビエル崇敬が高まるにつれて、神聖ローマ帝国南部で広まっていった。同地域ではザビエルの祝日には宗麟に言及した説教が行われ、出版されたザビエルの伝記でも宗麟のことが伝えられている。さらに、宗麟を主人公にした「イエズス会劇Jesuitentheater 」も上演されるようになった。このような宗麟描写は枚挙にいとまがないが、中でも特に興味深いのは、ザビエルが宗麟の前で仏教の僧と宗論を戦わせている描写の広がりである。

 このシーンは1551年のいわゆる「山口の宗論」をアレンジしたものであると考えられている。この年に山口の大内義隆 の前で日本初のキリスト教と仏教の宗論が開始されたことはよく知られているが、この宗論の報告は、ザビエルによって書かれた1552年の書簡などによってヨーロッパに伝えられた。ザビエルの書簡は、後にルイス・フロイスの『日本史』が 書かれた際にも参照されていたと言われている。この宗論の場面は、17世紀末のモラヴィアでイエズス会が運営していた オロモウツ大学の関係者によって、大友宗麟の前でザビエルと仏僧が議論する場面「Bungoの宗論」の場面として印刷物 に「再現」された。その後、この銅版画はモラヴィアのオロモウツからボヘミアのプラハ、ポーランドのヴロツワフ、チロル地方のカップルなどへ伝わり、その構図が絵画やフレスコ画の 制作の際に用いられていることが、申請者の調査で 明らかになってきた。さらに、バイエルンのカムミュンスターには、これらの描写の影響を受けたと思われる「山口の宗論」の描写が残されていることも確認できた。

 以上の宗論の場面の展開は、ザビエル崇敬が高まる中で、ザビエルとの関係が薄かった大内義隆より、ザビエルとの関係が深く、カトリックに改宗する際にザビエルの洗礼名を真似た大友宗麟の方が欧州内陸部のイエズス会にとってインパクトがあったからこそ生じた素材の「すり替え」と考えられる。ちなみに、これらの宗論の描写には欧州内陸部が直面していたオスマン帝国との戦争や、プロテスタントとの対峙も影響を与えている可能性が高い。特にブロツワフに残されている絵画では、宗麟が「ムーア人」として描写されていることから、対トルコ戦争の影響は明らかのように思われる。描写の構図が何に影響されているかは、今後より細分化して詳しく調べていく必要があるが、その際、ボヘミアやモラヴィアなどでは対トルコ戦争の影響に加え、1519年の「ライプツィヒの討論」、コンスタンツ公会議におけるヤン・フスの描写などの影響がないか、調査していく必要がありそうだ 。

| | コメント (0)

報告要旨 有村理恵(2021年8月20日)

2021年度夏季研究大会報告要旨(2021年8月20日 オンライン開催)

キリシタン時代のロザリオと数珠の交点について

有村理恵

 ロザリオ、数珠といった念珠は、古代インド宗教に起源をもち、東西に伝播したとするW.C.スミス提唱の理論が長らく定説とされてきた。しかし、近年この学説を疑問視する向きもある。シルク・ロードを通って展開した東西の影響は皆無であるとは断言できないが、諸宗教が独自の発展を遂げてきたという見方もある。いずれにせよ、近世日本のカトリック宣教において、ロザリオに類似した仏教の数珠を宣教師たちはどう理解し、日本人はロザリオをどう受け止め、自らのキリシタン信仰の中に取り入れていったのか。近世日本布教におけるロザリオ信仰の重要性は、文献のみならず、キリシタン関係遺品においても垣間見ることができる。元来、ロザリオ信仰はドミニコ会を中心に発展した信仰であるが、同会の許可を得て、別の修道会がロザリオを広めることは許されていた。事実、日本で初めてロザリオ信仰を伝えたのは、宣教を開始したイエズス会であり、同会画学舎で聖画を学んだ日本人により制作された「マリア十五玄義図」が二点(東家本、原田家本)残されている。また、1599年、江戸に建立されたフランシスコ会教会では、マニラのドミニコ会管区長の承諾のもと、ロザリオ聖母が守護聖人として祀られた。フランシスコ会によるロザリオ信仰は、独自の発展を遂げ、「フランシスコ会の冠(フランシスカン・クラウン)」と呼ばれる。近世日本においても、この「フランシスコ会の冠」信仰の足跡が確認でき、支倉常長将来品「ロザリオ聖母と四聖人」(仙台市博物館所蔵)では、ロザリオ聖母が聖フランシスコに念珠を与える構図で描かれている。また、長崎県外海で発見されたフランシスコ会系「マリア十五玄義図」(原爆により焼失)は、同会におけるロザリオ信仰の重要性を示す一資料と言える。
 当報告では、まず、宣教師らが仏教の数珠をどのように理解していたのかという問題に触れた。文献上、数珠を使って祈ることは、健康や幸福といった現世利益を祈願する民衆信仰と関連していると記されており、民衆仏教と祝福されたコンタツに宿る聖なる力を信じるキリシタン信仰の間に接点があることが確認できた。次に、ルイス・フロイスやマルセロ・デ・リバデネイラの記録を基に、キリシタン信者らの間でロザリオと仏教の祈りが共存していた事実を取り上げた。最後に、外海で発見された「マリア十五玄義図」では、十五玄義の図が日本語の読み方と同様、右から左へ並べられているのに対し、東家本、原田家本では西洋絵画の構図と全く一致している点に触れた。後者の作品がより西洋化されている要因として、浄土宗の「當麻曼荼羅」の類似点が、聖ロザリオ信仰表象の受容につながった可能性を検証した。

 

 当報告は、メキシコ国立自治大学学術人事総合局助成研究プロジェクト PAPIIT IN401019「Experiencia interreligiosa y arte durante la primera expansión europea: la devoción e imágenes del rosario en el Japón (1549-1873) 第一次ヨーロッパ領土拡張時代の宗教間体験と美術:日本のロザリオ信仰と聖像 (1549-1873)」 の成果の一部であり、詳細については、以下の論文を参照されたい。
Arimura, Rie, “The origins, spread and interfaith connections around the prayer beads: A case study of the evangelization of Japan”, Anales del Instituto de Investigaciones Estéticas, vol. XLIII, núm. 119, 2021.

----, “El Rosario y el juzu: experiencias interreligiosas del periodo Kirishitan ロザリオと数珠―キリシタン時代の宗教間体験―”, en Ensayos del Seminario Permanente de Investigación de Arte y Cultura México-Japón. Volumen I. Miradas sobre las intersecciones culturales メキシコ日本芸術文化研究常設セミナー論集 第一巻:文化交差へのまなざし, coord. Amadís Ross y Miki Yokoigawa, México, Centro Nacional de Investigación, Documentación e Información de Artes Plásticas, Centro Nacional de Investigacion, Documentacion e Informacion Teatral Rodolfo Usigli, The Japan Foundation (en prensa).

 

 

| | コメント (0)

2021年度夏季研究大会(2021年8月20日)のご報告

先日お知らせした、九州スペイン研究会の2021年度夏季研究大会は、おかげさまで事前申し込み35名、当日も延べ29名のご参加をいただき、当研究会始まって以来最大の参加数を得て、盛会のうちに終えることができました。

「九州」という地域に軸足を置く、「スペイン」というシングルテーマの研究会として地味に活動してきた当会としては、今回はオンラインのメリットをうまく活かせた形になりました。
反面初のオンライン開催ということで、不慣れな点も多々あり、参加者の皆様には何かとご不便をかけた点もあるかと思います。この点は検討・総括の上、今後改善していきたいと思っております。

最後になりましたが、ご多忙のところご報告を快諾いただいた報告者の皆様には、この場を借りて厚くお礼申し上げます。


当日の報告要旨も、あわせてご覧ください。

有村報告
富田報告
池上報告
大場報告
椎名報告

*また当日は、2019年10月に開館した大村市歴史資料館について、同館学芸員の山下和秀さんにご案内いただきました。
(当日山下さんが公務のため、事前にお送りいただいた原稿を椎名会員が読み上げ)

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »